Cadavor Camp (PAOO)に参加しました

こんにちは。
そしがや矯正歯科の齋藤です。

先日、アメリカのオマハでCadavor Camp(PAOO)のコースを受講してまいりました。
クレイトン大学の講義室や実習室を会場として、
3日間の講習でした。

内容は、
Dr Nortonによる解剖学の講義と実習、
Dr DibartによるPiezocisionに関する講義、
Dr KimによるPizocisionに関する生物学的側面の講義、
Dr Bennによる解剖におけるCBCT(コーンビームCT)の講義、
Dr Miyamotoによる経営の講義などでした。
特に印象に残ったのは、
Dr NortonとDr Dibartによる講義でした。
Dr Nortonは解剖学における第一人者の先生で、
私が使っている解剖の本の著者でもあり、
素晴らしい講義・実習内容でした。

Dr DibartはPiezocisionという治療法の開発者で、
当院でも行っている治療法ですが、
今回の講義を受けることで、
より理解することが出来、
また、今後の課題に気づくことが出来ました。

休診日が続いて、患者様にはご迷惑をお掛けしましたが、
内容の充実した3日間となりました。

2018年AAO(アメリカ矯正歯科学会)

こんにちは。
そしがや矯正歯科の齋藤です。

先日、AAO(アメリカ矯正歯科学会の大会)がワシントンDCで開催され、参加してきました。
近年は矯正治療へのデジタル技術の導入が進んできていて、
矯正歯科は激動の時代に入っていることを強く感じました。
また、普段なかなかお会いする機会のない先生方とお会いし、
貴重な話を聞くことができました。

セミナー出席

こんにちは。
そしがや矯正歯科の齋藤です。

先日、WILCKODONTICS®のセミナーを受講してまいりました。
場所はアメリカのエリーという町でした。
内容はコルチコトミーと呼ばれる歯周外科を矯正治療に併用させて、
安全に、治療期間の短縮を図る手法についてでした。
経験豊富なドクターによるレクチャーを2日間受け、
非常に勉強になりました。
遠方なため、前後の移動日を合わせると、
休診日が続いて、ご迷惑をお掛けしてしまうのですが、
より良い治療を求めていくため、
継続して参加することになるかと思います。